発酵学

微生物のつくる物質のいくつかは、医薬として利用されています。ペニシリンなどの抗生物質がその代表的な例です。地球上には10万種を超える微生物が存在し、多種多様な物質をつくっています。まさに、微生物はユニークな物質の宝庫といえるでしょう。その中には、生命の神秘を解き明かし、また、がん、脳卒中、心筋梗塞、糖尿病など、困難な病気を治す「夢の“くすり”」があるかも知れません。私達はそれを求めて研究を進めています。私たちの発見した化合物の一つは、新しい機序の脳梗塞治療薬として医薬開発が進められています。


大学院入学希望者への説明会を7月に開催しています。詳しくは、以下のリンクから蓮見または鈴木までお問い合わせください。

Member

Address

府中キャンパス 農学部 1号館 211