研究室・教員一覧食料エネルギーシステム科学専攻

大学院生物システム応用科学府(BASE)では、原則としてすべての教員が独立した研究室を持っています。

生物機能システム科学専攻 食料エネルギーシステム科学専攻 共同先進健康科学専攻

食料エネルギーシステム科学専攻

物質エネルギーシステム

詳細プロフィール神谷 秀博 教授

神谷研究室HPへ

学位
工学博士
研究分野
物質エネルギーシステム
研究テーマ
粉体工学、化学工学、無機材料工学
e-mail
kamiya(ここに@を入れてください)cc.tuat.ac.jp

数nm〜数μm程度の大きさの多数の微粒子集合体の特性は、分子やバルク固体と異なる独自の学問体系を必要とする分野です。有機、無機、生物などさまざまな分野で微粒子は登場し、その付着、擬集の制御が新システム成功の鍵になることが多々あります。そこで、微粒子の構造や表面状態、微粒子間相互作用を求め、人工物や生物の機能を利用した界面活性物質による粒子間力や粒子集合状態の制御、焼結現象等を基礎的に解明しています。そして、セラミックスのナノ構造の制御、環境・エネルギーシステム内での微粒子状物質の挙動制御など、材料・エネルギー・環境等の幅広い分野で、粒子集合体構造の制御に取り組んでいます。

物質エネルギー設計

詳細プロフィール富永 洋一 准教授

富永研究室HPへ

学位
博士(工学)
研究分野
物質エネルギー設計
研究テーマ
高分子機能、電気化学
e-mail
ytominag(ここに@を入れてください)cc.tuat.ac.jp

電解液に依存する既存のLiイオン二次電池に代わり、引火や爆発などの危険性が少なく、成形加工性に優れ、薄膜軽量化が可能な次世代電池に注目が集まっています。当研究室では、電解液やゲル状電解質に匹敵する速いイオン移動が可能な固体高分子電解質(SPE)の創製に挑んでいます。SPEの高イオン伝導化が実現すれば、折り曲げ可能な電池や使用環境に依存しない燃料電池など、次世代電源の実用化が期待されます。さらに、永久帯電防止材料などSPEの用途開拓についても検討しています。当研究室では、二酸化炭素の有効利用、機能性無機材料との複合化、ポリマーブレンドによる構造制御など、新しい高分子の合成やイオン伝導度の改善技術の開発を通じ、SPEによる新電池の実用化を目指しています。

エネルギーシステム解析

詳細プロフィール秋澤 淳 教授

秋澤研究室HPへ

学位
博士(工学)
研究分野
エネルギーシステム解析
研究テーマ
エネルギーシステム工学、熱エネルギー変換
e-mail
akisawa(ここに@を入れてください)cc.tuat.ac.jp

エネルギーや資源は限られているため最も効率的に利用することが地球温暖化問題などの長期的な視点から要請されています。一方で様々なエネルギー技術の開発が行われていると同時に、市場の規制緩和などのエネルギー政策も大きく変動しています。このような多様なオプションの元で最も望ましい状態を明らかにするとともに、種々の外部要因がもたらす影響を評価する研究がシステム分析です。私の研究室では最適化型モデルを用いた手法により、コジェネレーションなどの熱の多段階利用に基づく省エネルギー技術や省エネルギー政策の評価に関する研究を行っています。また、排熱や太陽熱を有効利用して冷熱を供給できる熱駆動冷凍サイクルの応用について研究しています。

生物情報計測システム

詳細プロフィール桝田 晃司 准教授

桝田研究室HPへ

学位
博士(工学)
研究分野
生物情報計測システム
研究テーマ
医用生体工学、音響工学、医用画像処理、医用ロボティクス
e-mail
masuda_k(ここに@を入れてください)cc.tuat.ac.jp

本研究室では「ハード・ソフトを融合した未来の超音波医療」という標題を掲げ、診断から治療までを全て超音波で行う新しい医療技術の開発を進めています。超音波が発生する放射力を生体内の血管構造に合わせて形成することにより、血流中の微小気泡(マイクロバブル)を制御できるため、これを利用してガン等の患部だけを集中的に治療する薬物伝送や、局所的遺伝子治療を目指しています。またこれを実現するためには、画像処理を基盤とした臓器観察のためのインターフェースだけでなく、治療手技に信頼性を持たせるためのロボティクス技術も融合する必要があり、電気電子・情報・機械・医学の分野にまたがった幅広い研究を進めています。

生態系型環境システム

詳細プロフィール豊田 剛己 教授

豊田研究室HPへ

学位
博士(農学)
研究分野
生態系型環境システム
研究テーマ
土壌微生物学、微生物生態学、生物防除
e-mail
kokit(ここに@を入れてください)cc.tuat.ac.jp

世界の人口が急増しています。増え続ける人口を支えるには食糧生産の増加が急務であり、地球温暖化、土壌劣化等の地球規模の環境問題を考慮すると、如何に持続的にこの緊急課題を克服するかが重要です。持続的農業生産システムの確立・向上を究極の目的とし、以下のことに大きな関心を持っています。農業生産には収奪が伴いますから、持続的な農業を維持するには、堆廐肥等何らかの有機物を施用することが必須です。有機物連用土壌を一つのシステムと捉え、細菌やカビ、原生動物といった微生物、土壌動物を含めた生物間相互作用を明らかにし、微生物的側面からシステムの安定性、生産性について考えていきたいと思っています。

生物応答制御科学

詳細プロフィール梅澤 泰史 准教授

梅澤研究室HPへ

学位
博士(農学)
研究分野
生物応答制御科学
研究テーマ
植物分子生物学、生化学
e-mail
taishi(ここに@を入れてください)cc.tuat.ac.jp

温暖化や干ばつ等の地球環境問題は、世界の農業生産に影響を与えています。今後の持続的な食糧生産のために、環境変化に耐える農作物の開発が求められています。私たちの研究室では、植物がいかにして環境の変化を感知し、その情報をどのように処理しているのか、といった基本的なメカニズムを研究しています。植物細胞内における遺伝子レベル、タンパク質レベルでの現象を捉え、シグナル伝達機構を解明することが目的です。このように基礎的な研究を行う一方で、その成果を実際に応用して環境耐性植物を作出することにも挑戦します。研究材料としては、モデル植物のシロイヌナズナを中心に、イネやマメ科作物等も扱う予定です。

食料安全科学

詳細プロフィール佐藤 令一 教授

佐藤研究室HPへ

学位
農学博士
研究分野
食料安全科学
研究テーマ
生物の攻撃因子と防御因子、進化分子工学、細胞分子認識学
e-mail
ryoichi(ここに@を入れてください)cc.tuat.ac.jp

私たちは昆虫とその病原細菌の魅惑的な能力の世界に夢中です。例えば、昆虫病原細菌Bt菌とその殺虫性タンパク質に学んで、このタンパク質を自在に進化させる方法を作り、「地球にやさしいタンパク質殺虫剤」を生みだそうとしています。一方、昆虫はこれら細菌にやられるばかりではなく、独特の機構を用いて立派に生き抜いていますが、「動物の免疫システムの基盤」を知るための格好のモデルになると考えてその機構解明を目指しています。また、昆虫はヒトにはないシステムを使い、味を頼りに餌とすべき植物を確実に見分けることができますが、センシング技術などへの応用につながりうると考えてその機構解明に挑んでいます。

環境モニタリングシステム

詳細プロフィール赤井 伸行 准教授

赤井研究室HPへ

学位
博士(学術)
研究分野
環境モニタリングシステム
研究テーマ
振動分光学、素反応解析
e-mail
akain(ここに@を入れてください)cc.tuat.ac.jp

現在の地球環境科学では対象となる分子の濃度分布などを計測するだけではなく、分子が環境中でどのような化学変化をしていくのかが問題となっています。たとえ同じ分子であっても大気中と水溶液中では全く異なる反応性を示すことが数多くあり、物質循環モデルを構築するうえでも個々の反応機構を知ることが必要とされています。そこで、様々の分光法や理論的手法を用いて、分子や錯体の光反応機構を均一媒体である気相や、不均一媒体であるエアロゾル・氷/水溶液中など多様な環境条件下で研究しています。また、複数の分子が会合したクラスターの幾何構造の違いに依存するような新たな光反応経路の探索も行っています。