働きながら博士号を取りませんか?

博士後期課程(ドクターコース)<社会人特別選抜>をご存知ですか?

近年の生物システム応用科学の目覚しい進展に伴い、社会の各方面からBASEが対象とする専門分野のエキスパートの養成が強く求められています。このような社会の要請及び専門技術者の再教育の必要性に応えるため、BASEでは社会人を積極的に受け入れ、大学と社会との一層の交流を目指します。社会人は企業等に在籍のまま、BASEでの研究活動が可能です。
各種研究機関、教育機関、企業等に1年以上勤務中の者、又は最終学校卒業後1年以上職にあった者は、社会人特別選抜に出願することができます。また、大学を卒業していない場合や、修士の学位を持たない場合でも、出願資格認定審査にパスすれば、出願することができます。詳しくは指導予定教員にご相談下さい。

博士後期課程(ドクターコース)の入試に関するお問い合わせはこちら