生物生産学科卒業生の進路

 生物生産学科の卒業生たちは、農林水産省や都道府県の行政組織・試験場・研究所、普及機関、JA全中やJA全農、農林漁業金融公庫・農林中央金庫をはじめ、 中・高校の教諭、農業関連企業、国連諸機関食糧農業機関などに勤めています。大学院進学率も高く、研究者として必要な基礎知識や研究方法を学び、研究機関や大学などにも就職しています。このように,生物生産学科では,多様・多彩な人材を輩出しています。



<卒業生の主な就職先>

農林水産省、厚生労働省、農林水産省関東農政局、農林水産消費安全技術センター、農林水産省植物防疫所、都道府県職員、各自治体職員、全国農業協同組合連合会(JA全農)、全国酪農業協同組合連合会、東京都農協中央会、各都道府県・学校法人教員、東京動物園協会、カネコ種苗、サカタのタネ、雪印種苗、コープ東京、大塚製薬、大田花き、赤城乳業、味の素、イトーヨーカ堂、伊藤ハム、大塚製薬、カゴメ、サッポロビール、三幸食品、塩野義製薬、JT、すかいらーく、東京青果、ニチレイ、日清製粉、日本農薬、日本配合飼料、日本ハム、ピックルスコーポレーション、フジツコ、ホクレン、丸美屋食品工業、三井農林、三菱農機、明治製菓、森永乳業、雪印乳業、