カリキュラム

 生物生産学科は、実習・実験・演習・講義など多彩な授業により教育課程が編成されています。とくに、農業をまったく知らずに入学する学 生がほとんどの現状を踏まえ、農場実習及び農家実習の役割を重視するとともに、自然科学から社会科学まで広範囲な分野の授業を網羅しています。

教育内容

 生物生産学は農産物の生産から消費までの人と自然にかかわる総合科学です。すなわち、遺伝・発生・酵素反応など生物学の基礎から、光合成・養分吸収・窒 素固定・泌乳生理など生物生産機能の解析、群落構造・施肥管理・家畜飼養管理など生産プロセスの解析と改善、農業政策、生産物の流通・消費システムなど、 きわめて多岐にわたる内容が体系的に構成されています。 これらの内容に関する講義と並行する形で、実際の題材を用いた生物生産学実験基礎・農業分野専攻実習・農業経営経済学総合演習等が行われ、理論と実際を効 果的に学ぶことができます。

 
履修方法 

 本学科の授業科目は、教養科目、基礎科目および専門科目のいずれにおいても特に基礎的なもの以外はすべて選択科目となっています。これは、個々の学生が自 分自身の学問的関心や進路に合わせて必要な科目を履修できるように配慮しているためです。また、履修科目を選択する際の道標として、いくつかの履修プログラムを示しています。


・カリキュラムの詳細(授業科目名)

・コースツリーの詳細