東京農工大学環境資源科学科

ホーム
学科のコンセプト
分野とメンバー
授業・実験
進路
入試情報
最近のトピックス
オープンキャンパス
一日体験教室
環境資源科学科AO入試

東京農工大学

東京農工大学農学部

東京農工大学 農学部 環境資源科学科は
日本で最初の環境を研究するための学科です!

2016年 環境資源科学科 一日体験教室 (定員に達しましたので、募集は終了しました)

2016年夏、環境資源科学科では下記のようなイベントを開催します。是非ご参加ください!

2016年8月5日(金曜日) 10:00〜12:30,14:00〜16:30
 2016年度農学部説明会 環境資源科学科申込はこちら



1973年、日本で初めて「環境」を専門に研究する学科として、本学に環境保護学科が創設されました。私たち環境資源科学科は、 その歴史を受け継いで、環境に関する教育と研究をいっそう発展させたいと思っています。
 環境研究の伝統ある東京農工大学で、私たちと一緒に世界へ向かって、環境と資源の新しいサイエンスを発信しようという、 意欲あふれる若いみなさんの参加を待っています。

環境問題と資源問題のサイエンス
 環境資源科学科には、環境保護学と資源物質科学の2つの軸があります。
 環境保護学では、生物圏における環境汚染物質の挙動やその生物影響を解明しています。資源物質科学では、二酸化炭素の巨大な貯蔵庫である植物バイオマスに注目し、資源の有効利用や木質資源リサイクルを通して森林資源の有効利用をめざ しています。

 地球環境からミクロの世界まで環境資源科学科の研究対象は、大気、水、土壌から構成される生物圏から、物質循環の担い手となる微生物などのミクロな世界に至るまで、幅広い領域をカバーしています。自然科学の立場から、生物学、化学、物理学、地学を駆使し、環境と資源の問題に科学のメスを入れる「地球の医学」を学びます。 かけがえのない地球環境を維持し、循環型社会の構築に貢献することが環境資源科学科の使命です。

----------------------------